警察繋がりで

前回の日記に書いた通り映画見てました。

恋空の失敗を払拭するべく再度邦画にチャレンジ。
d0101526_18244122.jpg
それでもボクはやっていない

ストーリーはこんな感じで始まる。

主人公はある会社の面接試験に向かうため、朝の通勤ラッシュで大混雑する通勤電車に乗ったが、スーツの背中部分をドアにはさまれ、何とか抜き取ろうとして、隣のOLににらまれる。その後しばらくして、背後から「やめてください!」という叫び声。徹平が目的の駅で降りると、後を追いかけてきた女子中学生から「いま痴漢したでしょ!」と身に覚えのない痴漢容疑を掛けられ、周囲の乗客から取り押さえられて駅事務室へ連れて行かれる...。

いわゆる痴漢冤罪(ちかんえんざい)についての物語。
リアリティあふれる描写で話は進んでいくので、いつの間にか主人公の気持ちで見てました。

なんで主人公の気持ちになってたかというと、実は俺も

誤認逮捕された経験あり

あ、容疑は痴漢じゃなくてひったくりね(笑)。

しかも警視庁のヘリに追跡されていたという非常にレアなケース。

この話は結構長くなりそうなので、近々ゆとりがある時にこのblogで書きます。

その時のタイトルはもちろん「Fuck The Police」でしょ〜な。

あぁ思い出したらまたむかついてきたぜ。
[PR]
by dj-daishizen | 2008-02-05 23:54 | 日記
<< トラック制作 警察に追われまくり... >>